カーナビ・カーエレクトロ

カーケア

▼ サイトトップ > 取付店サービス > カーケア・磨きにこだわる(後編)

輝きにこだわる


★こだわり通してこそ、プロの仕事=最高の仕上がり。
お客様へ最高の品質をお届け致します。
【マスキング】
研磨工程に向けた準備段階として、研磨する必要の無い部分をマスキングで保護していきます。

エッジ部分やメッキパーツ、エンブレム、ライト周りなど、細部にわたって丁寧にマスキング致します。
マスキングには研磨によって発生する”カス”の残留を防ぐ目的もあります。窓枠の奥まった部分やボンネットフードのシール部分など、こうして見ると意外なところにまでマスキングを施します。


【鏡面研磨】
「鏡面研磨」こそ、腕の見せ所!

ポリッシャー(研磨工具)とコンパウンド(研磨剤)を使い分け、塗装のコンディションを見極めながら徹底的に磨きまくる! 中途半端な仕上げだと、せっかくのコーティングも効果半減になってしまうため、妥協は一切許されません。
■研磨前
 
■研磨後
   
激しい凹凸が無くなり、
フラットに近い状態へ

鏡面研磨完了後、水洗いシャンプー洗車を行い、
研磨カスや残留コンパウンドを洗い流します。

▲ ボディーラインに沿った力加減が絶妙!

▲ポリッシャーを持ち替えて仕上げます。
 

▲研磨剤は超厳選のみ

▲バフも多種類完備

▲ポリッシャーの数々

▲狭いところ専用
【コーティングの前に】塗装面がフラットになり、輝きが一気にUP!
この上にコーティングを施す事で、美しさの持続が可能になる、というわけです。

その反面、表面に異物が残っていると、コーティングの効果が半減してしまうため、超強力なライトで照らして確認を致します。


【コーティング剤の調合】
塗装面の状態が整ったところで、
いよいよ秘伝のコーティング剤の登場!

調合の度合いを少し変えるだけで、コート層を薄くも厚くもできるのですが、お車の状態に加え、温度や湿度も加味した条件でコーティング液剤を調合し、そのお車だけに相応しい専用液  を作ります。
 

▲過去の経験でボツになった液剤・・・

▲液剤は超厳選のみ!

【コーティング塗布・拭き取り】
調合したコーティング液を、ボディー全面に塗布します。

塗布した瞬間から乾燥が始まり、15~30分後には塗装面にクリア層が定着。残った上澄みを専用クロスで拭き取ります。
 

みるみるうちに、
クルマが美しい光沢を・・・。

拭き残しが無いように、
ここでもライトで照らしてチェック。


【焼き付け】

グレードによって「焼き付け処理」を行います。

ボディーに赤外線を照射し、皮膜の硬化を一気に促進させます。その表面温度は約80℃に達します。

より硬くて強いコート層を生成させるには非常に有効な工程になります。

【完成!】
お車が仕上がりました!!(^o^)

深みのあるツヤと光沢、ただならぬ存在感、どれをとっても今までにない輝きを見ると、施工したスタッフも感無量になります。
これこそ決してワックスでは得られないコーティングの威力です!

■磨きにこだわる(前編)に戻る